こんばんは!音楽部の大野です!

今回は歌の基本であるミックスボイスについて書いていきたいと思います。

そもそもミックスボイスとは?

みなさんは「ミックスボイス」と聞いてどのようなイメージをしますか?

地声と裏声の中間の声〜なんて表現はよくききますね。

確かに、耳で聞いてそんなふうに聞こえる事はあります!

私はそれだけじゃない!と思います。

私が人に伝えるときには、

「ミックスボイス」とは腹式呼吸であり、ハミング。

自分の歌声をコントロールする上で本当に重要なもの。

低音と高音で極端に音質を変えずに出せる声。

なんて表現します。

人に伝えるのに不器用な私なのですが、

精一杯伝えています!

ミックスボイスって絶対必要??

結論から言ってしまいますと、

必ずしも必要ではございません!!

結局表現なんて聞き手がどう受け取るかが大事ですから、

いいって人がいるならもう好きに歌えばいいんです。

ただ、

好きに歌って不安定なパフォーマンスで、声も潰れてしまったりしたら

その時だけで終わってしまうんです。

ワンマンライブを3時間も4時間もしているアーティストは大体最後までベストな声でパフォーマンスをしていると思います。

そんな人が必ずしも使っているのがミックスボイスだったりします!

どんどん声が枯れていくのがエモいになったりするかもしれませんが・・・、

それでも最後までベストの状態で歌えるのがやっぱりかっこいいですよ!

ミックスボイスを習得するために

ミックスボイスを習得するために、

できるといいことがいくつかあります。

まず、顔の筋肉を柔らかく使える事。

私が個人的にわかりやすいと思ったのは、

猫のあくび。

どういうことかというと、

猫があくびをして上がっている目の下から頬あたりの部分が、

必要以上に力まず上げられること。

まさにここ!かわいい!

そしてリップロール。

子どものときなんか遊び感覚に唇をぷるぷる振動させたりしませんでしたか?

これを微動で20秒ほどできるとすごくいいです!


これって実は口のまわりをリラックスさせてくれます。

あとポイントなのが低い声と高い声が同じ音質で出せる!!

さっきも似たようなこと読みましたね??

リップロールを上手く使ってミックスボイスの練習ができます!

練習方法もさまざまな人が編み出しているので色々なやりかたがありますので、

自分に合う練習方法を探せるといいかと思います!

他にもハミングだったり、息をしっかり吐ききってしっかり吸うことだったり、

大事な要素がたくさんあります!

もしご興味ある方いらっしゃいましたら、

LINE@から是非ご相談ください!

スタジオアクトワンにてボイストレーニング承れます!

音楽部のLINE@、まだ友達になってない方はこちらから!

詳しくは直接、身をもってお伝えいたします!

Writer/大野華奈