こんにちは! Studio Act One 音楽Producerのko-ji☆ です!



今回お話させて頂くお話は、

「ko-ji☆ 的シンガーソングライターとは」です。


今回は、私の音楽シンガーソングライターアーティストへの持論皆様への感謝のメッセージが入った記事です。

大きな気持ちでよろしくお願い致します。



シンガーソングライターとは、自らの心の中にある感情や、ストーリー様々な発想やイマジネーション歌詞、曲という形にして、それを自ら歌い発信してゆき、人々の支持を得る職業です。最善は、人々の心に刻まれ後世に自分の曲が歌われる事です。

私は、支持得るのが成功ではなく人々の心に残る作品を作る事をいつも意識しております。

有名になってチヤホヤされる事はどうでも良く、有名になった暁には周りの皆を幸せにする為にその富と権力を使う事を誓い、現在も活動しています。



曲が売れる事よりも、近くにいる人の心に私の歌が深く刻まれる事が最も幸せと思っています。


これには理由があります。


音楽とは、国境や、人種の壁を超え、他人でも響き通じ合う事のできる人間だけが使える強い魔法なのです。


これにより、子供達に夢を与え苦労人の労を労い人々に温和や笑顔を与え人類の明日を照らします

曲を歌う、奏でる事は自分の心の隅々までを外へ発すると言う事です。

心の中を発表すると言う事になります。


人々に感動や、共感を呼ぶ鍵となるのは、“心の種”です。

心根が欲深かったり、悪かったりすると、不思議と人々はそれが分かる様にセンサーが反応します。

心根がクリア、ピュアである事が絶対必要であり、これが雰囲気、印象になります。



もちろん、自分に対しての甘さも出ます。


表面をパーフェクトに飾っていても、それがマスクと分かれば薄っぺらい人間の薄っぺらい歌となります。

それは歌や歌詞には必ず現れます。

自分達の何倍も生きている方々には、ほんの数秒でそれに気付かれます


日頃の意識と情熱による自分の心と、歌唱アプローチのチェックが本番に現れます。



こんにち、CDでエンジニアさんの技術で加工された音楽がどれだけ良くても、生Liveを見ると「何これ?」と思う歌手が増えて来ています。

私はそれを素人と呼んでいます。


プロアーティストは、“生Liveは、作品を上回る評価を得るべき”であり、これが出来ていなければ本来はOutです。


どんな事があっても汚れない純心と、日々鍛錬したスキルと、本番に人々を感動させるエモーショナルを持ち合わせ、

このステージで消滅しても良い!と思うくらいまで自分を高める人が、人々の心に刻まれるアーティストシンガーソングライターになると信じています。



どうしても、精神論、宗教論的になりますが、これが音楽であり、であり、シンガーソングライターである事は間違いないと思っています。



たとえ、日々の生活でアイツは不器用バカイカれてるとか言われても、自分の純心に従って人々に感動を与えられる音楽と歌唱ができればそれで良いのです。


そして、何があっても人を恨まず人のせいにせず自分を伸ばす事にだけ集中すれば良いのです。



情報アンテナを常に持ち、カフェで聞こえてくる会話や、メディアの情報を把握する事もシンガーソングライターには必須です。





最後に、私が今 ここに生きている事奏でたり、歌える環境に生きている事その中で人々の笑顔と出会える事全て

皆様のおかげで成り立つ事であります。

作詞、作曲、歌詞のやり方より、まず大切な音楽に対する純心、奏でる為のスキル、エモーショナルこれらをこれからも多くの人々に全力で伝えて行きたいと思います。





今回は「ko-ji☆ 的シンガーソングライターとは」を書かせて頂きました。

ありがとうございました。







Music Act One  

Producer : ko-ji☆