はいどうも、アクトワン 音楽部のRooveです!

 

これまで僕の記事ではDAWの話とか、音楽史の話とか、わりと興味が湧きやすくとっつきやすい話題を書いてきました。

今回は打って変わって、音楽理論の話です。

 

音楽理論と聞くと、なんか嫌な感じしませんか?笑

難しそうだなぁ、専門用語とか勘弁して欲しいなぁ…と思う方も多いんじゃないかと思います。

 

何を隠そう、僕もそうです

 

音楽理論を勉強しようと試みたことはありましたが、皆さんと同じようにちんぷんかんぷんでした。そら嫌にもなります。

そして幸か不幸か、理論を学ばなくとも曲は作れてしまうんです。曲の整合性がきちんと取れているかは別として、ひとまず形にはなるので気持ちはもうミュージシャンなわけです。

 

しかし、少なからず音楽の仕事もするようになってから、音楽理論がとにかく大切であることを思い知りました。どんなにサウンドメイクが上手くたって、理論から外れた楽曲構成になっているとやはり人の耳には受け入れ難いのです。

逆に、サウンドメイクが微妙でも理論さえ整っていれば人は聴いていても苦しくない。悲しきかな、サウンドメイクはアレンジャーやミキシングエンジニアに頼んでしまえばどうとでもなってしまうこともまた確か。

僕の場合は、理論よりも先に、サウンドメイクのスキルばかりを勉強してしまったわけです。

 

実際にプロの方と仕事をするようになり、色々と指摘をいただくようになってから理論の勉強の大切さを思い知りました。アドバイスをいただくたびに「まだまだだなぁ…」と反省することも多いです。

もちろん今では、ミュージシャンを名乗る以上は音楽理論はしっかり学ばなければならないという使命感が生まれ、日々勉強を繰り返しております。

 

さて、僕の場合は必要に駆られて音楽理論をしっかり学ばざるを得なくなってしまったわけですが、そこまで追い詰められるとやはりちゃんと頭に入ってきます。何事もマインドが大切であるということをまさに体感しました。笑

そして、実際に理解できるようになってくると、「なるほどね、こう覚えたらよかったのか!」と思えることがいくつも出てきました。

なので今回は、僕がインプットした知識をアウトプットする意味も込めて、とっつきにくい音楽理論を皆様にわかりやすく解説していきたいと思います。

 

コードがよくわからない!

 

コードと聞いて、はいはい出た出たって思う方もいらっしゃるかと思います。笑

過去にピアノを習った経験のある方であればこの辺りはさほど難しくないかもしれません。ただ、僕のような楽器を習った経験もなく、理論の勉強もしてこなかった人間にはもうすでに難解な専門知識な訳です。

 

CとかFとか言われても何の音かわからない!

 

コードの話に入る前に、ドレミ記号について学んでいきましょう。

日本では馴染みのある『ドレミファソラシド』というのは、実はイタリア語であるということは皆さんご存知でしたか?

日本語だと思っちゃいますよね。なにせ小さい頃からそう習ってきたわけですから。

ちなみに、日本語ではドレミファソラシドのことを「ハニホヘトイロハ」と表記します。よくクラシックなどでハ長調とか言いますが、これはを基軸としたメジャースケールのことを差しています。(スケールについてはまたいずれ解説しますね!)

ドの音は日本ではと言うので、ハ長調、みたいな言葉が生まれているわけです。

 

さて、コードの表記に密接に関わってくるのは、このドレミ記号を英語で訳したものです。英語では、ドレミファソラシドを『CDEFGABC』と訳します。

 

この時点で、数学が得意な方であれば気づいているかもしれません。気づかない方はもう暗号でも見せられているような気分でしょう。(安心してください。僕も最初は暗号だと思っていました!笑)

 

実はこの表記は一定のルールで進んでいます。いわゆる「あいうえお順」です。

日本では昔の言葉の順番法で、いろは順というものがありました。いろはにほへとちりぬるを わかよたれそつねならむ、ってやつです。日本語における46音を、和歌のように意味をつけて歌ったものですね。

さて、日本語におけるドレミは「はにほへといろは」でしたね。これ、いろはにほへとの頭二つを後ろにくっつけたものであることがわかりますでしょうか?

 

英語表記でも同じことです。英語における言葉の順番法はABC順ですよね。これもよく英語の授業で歌いましたね。ABCDEFG HIJKLMNと続いていきます。

ここでもまさしく同じことで、ABCDEFGの頭二つを後ろにくっつけているわけです。CDEFGABCというようにドレミが続いていきます

これさえ覚えてしまえば、CとかFとか急に言われても、なるほどドね、ファね、と答えられるようになります。

 

さて、するとここで疑問が浮かびますね。なんで最初の2文字は後ろに回してるの、と。

まるでパイセンとギロッポンにチャンネーをパナンしに行くみたいじゃないですか。

普通にイロハニホヘトでいいじゃん、ABCDEFGでいいじゃんと思いますよね。

 

答えとしては、「昔はそうだった」というものに尽きます。

今でこそドレミファソラシドのハ長調が最も一般的ですが、昔はラシドレミファソラのイ単調が一般的だったのです。なので、ラから順番にいろは順やABC順を当てていたわけです。

ですが、イ短調はマイナースケールで暗い印象の音であるのに対し、使ってる音は全く一緒なのに、ドから始めればなぜか響きが明るくなることが後からわかりました。イ短調は次第にハ長調に主役の座を奪われてしまったわけです。

とはいえ、それぞれの音に与えられている記号を改めてつけ直すまでにはいきませんでした。なぜならみんなそれで慣れちゃってたから。じゃあもう並び替えを変えるだけでいいよねってことで落ち着いた、というのが真相です。

 

背景まで覚えておくと、より一層英語表記のドレミ記号について覚えやすくなりますので、ぜひ覚えてしまってくださいね!

 

 

いかがでしたでしょうか?

いきなりGって何の音か聞かれても慌てふためく必要はないのです。元を正せばアルファベット順なのですから。

これを覚えておくと、自然とコードの仕組みについても興味が湧いてくるようになりませんか? ならない? なるよね?

なるだろうという前提で、次回の僕の記事ではコードについて触れていきます!

次回もお楽しみに!!

 

最後に少しだけ宣伝させてください!

 

わたくしRooveは『Good Music & Life Style』というサイトを運営しており、そこでスマホによる作曲の手法をご紹介しております

iOS版のGarageBandという無料DAWアプリについて、連載形式で徹底解説しておりますので、興味のある方はぜひ読んでみてください!

iPhoneをお持ちの方であれば、DTMを始めるのに追加の費用は必要ないのです。誰でも作曲に気軽にトライすることができるので、そのお手伝いを僕にさせてください!

 

DTMはスマホでできる! GarageBand徹底解説!
第1回の記事はこちら!

 

みんなで楽しく、自由に音楽を作っていきましょう!

そのために僕も、自分のサイトでも連載を頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

 

Writer / Roove(Wize Sound)