どうも、アクトワン音楽部!  のRooveです!

皆さん、音楽ライフいかがお過ごしですか?

毎日作曲に勤しんでいる方もいれば、作曲してみたいけどまだ一歩を踏み出せていない方もいらっしゃるかもしれませんね。

まだ作曲ロードの第一歩を踏みあぐねている方にはぜひ、以前僕が書いた記事をご覧いただきたいと思っています。皆さんが普段使っているスマホで使うことができる、無料のDAWが存在しています!  迷ったらまずはこちらを参考にしてみてください!


 

さて、こちらの記事を以前にご覧いただいていて、
「そろそろ作曲環境をPCに移行しよう!」という段階に来ている皆さん。

あなたが今悩んでいることを当てて見せましょう。

 

種類がありすぎてどれが良いかわからない…
どれも値段が高いし、失敗はしたくないんだよな…

 

どうでしょうか、当たっていませんか?

なんでこのような悩みであると思ったかというと、僕自身がDAWソフトを選ぶときに全く同じことで悩んだからです。そして、ネット上で調べてみても、同じような悩みを抱えている方がとにかく多いこと!

なので!

今回は、日常的にDAWソフトと触れ合っている僕が、みなさんに各DAWソフトの特徴や価格、おすすめポイントなどを2回に分けてわかりやすくお伝えしていきます!

 

あなたの手足となるDAWを手にするための大切な第一歩、僕と一緒に踏み出しましょう!

 

まずはじめに

 

各DAWについて解説する前に、お伝えしておきたいことがあります。

これからDAWを選ぶ皆さんはこう思うはずです。

 

「最もコスパが良くて優れたDAWを最初に買おう!」

 

当たり前ですよね。なぜなら失敗はしたくないわけですから。ですが、それに対して僕から一つの答えをお伝えいたします。

それは、DAWにはタイプの違いはあれど、優劣がつけられないほどどれも優れている、ということです。

 

みんなちがって、みんないい。  —–金子るぶぶ

 

まさにこういうことです。笑

なので、まず頭の中にある「最も優れたDAW」という考え方を捨ててください。そして、よりフラットな状態でDAWの特徴を見ていきましょう。あなたの性格や、好みのジャンル、使っているPC環境など、DAW選択の決め手となるポイントはたくさんあります。

DAWの機能性にとらわれないこと。これが最適なDAWを選ぶ一番のポイントです。

では、お待たせいたしましたが、早速各DAWの特徴を見ていきましょう!

 

Protools

AVID – Pro Tools

 

ソフトの名前の通り、プロ御用達のDAWソフト
Mac、Windowsどちらでも使用可能です。

ものすごく仰々しいネームなので敷居が高そうな気がしてしまいますが、このDAWは歴史が長いこともあり、発売当初ですでにプロの現場で広く採用されていました。今に至ってもその名残があり、やはり音楽業界のプロのエンジニアたちが使用しているDAWの多くがProtoolsであることは確かです。

 

…じゃあプロじゃないと使えないようなソフトなの?

 

ご安心を。全くそんなことありません!
どなたでも購入可能なDAWなので、ばっちり選択肢に含められますよ!

 

Pro Toolsの価格

まず価格ですが、Protoolsは少し特殊な価格設定をしています。Protoolsの購入タイプと併せて価格をご紹介しましょう。

大きく分けてタイプは2つです。

 

永続ライセンス版

購入したら今後ずっとProtoolsを使用することが可能。アップデートする場合は、購入から1年間以内であれば無料。それ以後は有料。価格は通常版は¥70,800アカデミック版は店舗にもよりますが、だいたい¥37,000

サブスクリプション版

1ヶ月、または1年間だけProtoolsを使用する権利を購入することができます。決められた期間を過ぎたあとは使用不可。ただし、追加料金で期限延長が可能です。サブスクリプションは1ヶ月で¥3,5001年間で¥35,300、1年間の分割月払いで¥2,942。アカデミック版は1年間のみ存在しており、¥12,600

期限延長には注意が必要で、有効期間内に更新をする場合と、有効期間を過ぎたあとで更新する場合とで金額が違います。ここでは最初のDAW購入にフォーカスを当ててご説明しているため割愛いたしますが、興味があれば調べてみてください。

 

さて、2種類の購入方法をご紹介したわけですが、じゃあどっちがええねん、って話です。

オススメは断然永続ライセンス版です。期限の延長とか難しいことを考えなくても、ずっと使い続けることはできるので。サブスクリプション版はクロスグレード(他のDAWから乗り換えること)を検討している人や、クライアントとのデータの送信上、どうしても一定期間Protoolsを使わなければならない人に向けて作られたものですから。

 

Protoolsを使うことの優位性

一番の優位性は、プロのエンジニアの間ではまだまだ多く使用されている、ということです。今後プロとして活動することを念頭に置いている方はぜひ覚えて欲しいのですが、同じ種類のDAW同士での楽曲のデータを移行するのはとてもラクなんです。ProtoolsからProtoolsへ、CubaseからCubaseへ、というような形ですね。

なぜなら、それぞれのDAWにはそれぞれのファイル形式があるから。別のDAWへデータを移行させようとしたら、万国共通のファイル(WAVやmp3など)に書き換えて送る必要性が出てきます。データ内のトラックすべてを一つ一つ音声データに書き換えて送るのはどうしたって面倒なわけですね。

そして、プロのエンジニアの間ではProtoolsを使用している人が多いということは、Protoolsを使っておけば今後スタジオへのデータの移行がしやすいケースが多い、ということになります。Protoolsがまだまだ業界内で高いシェアを占めているのはここに理由があります。

とはいえ、作曲する立場の人は自分が感覚的に使いやすいDAWを使うべきですから、他のDAWを愛用している方々のためにサブスクリプション版が作られた、というわけです。エンジニアの方へのデータ送信のために短期間だけ使えれば良い、と考える方がとても多かったということですね。

逆に言えば、サブスクリプション版があるなら他のDAWを愛用したいからProtoolsを選択肢から外す、ということもできることになります。

 

Pro Toolsの目玉音源・エフェクト

では、ここからはProtoolsに内臓されている音源、エフェクトのなかで目玉とされているものをお伝えしていきましょう!

UVI Falcon

ライブラリ内の音源の種類とその音質、音圧のインパクト、どれをとっても優れた音源集です。主にエレクトロの音が収録されています。新しい音源を追加する金銭的な余裕がなくとも、ひとまずこれで作曲は可能です。

Mini Grand

アコースティック・クラシックピアノ音源で、めちゃめちゃ優秀です。有料ピアノ音源にも引けを取らないほどの音質でありながら、思いのままに残響感の変更が行えます。こんなに素晴らしいピアノ音源が、Protoolsであれば最初から手にする事が出来てしまいます。これがProtoolsに内蔵されている一番の目玉です。

Xpand!2

総合音源ライブラリです。エレクトロ、アコースティック等の様々な音を打ち込むことができます

この音源が優れているのは、音を重ねるのにいちいちトラックを立ち上げなくても、ライブラリ内の最大4種類の音を1つのトラックでミックスできてしまうことです。トラック数が節約できれば、全体のファイルが軽くなります。ただし、音質にはやや難ありです。とくにアコースティック音源はこもったような音になっており、プロの現場ではあまり役には立たなさそうです。

 

 

内臓音源について総じていうと、エレクトロ音源は優れているが、アコースティック音源はピアノ以外はやや難あり、といったところでしょうか。とはいえ、シンセ、ギター、ベース、ドラムなど主要な楽器の音は収録されているので、追加の音源を買わずとも作曲は可能です!

難ありの音源も、EQ等を駆使すればそこそこ良い音に底上げすることはできますので、あまり大きな問題にはならないかと思います!

 

私が現在常用しているDAWもこのProtoolsになります。ちなみに、私がProtoolsのXpand!2だけで打ち込んだ楽曲がこちら!

楽曲はWize Soundの歌姫、大野 華奈のオリジナル曲『Tone』をRooveがロックアレンジしたもの

 

ボーカルラインは鍵盤ハーモニカの音、楽曲自体はピアノとエレキギターとエレキベース、バイオリンにドラムという非常にシンプルな構成をしています。

僕がDTMを始めてから3、4カ月前後くらいの時に編曲したもので、随分と聞き苦しいミキシングで大変申し訳ありませんが。(笑)

ただ、お聴きいただいた通り、十分作曲できます!

そして、Xpand!2の音の抜けの悪さもご理解いただけたかなと。
当時はEQの使い方も全くわかっていなかったもので、音源に下処理をせずにそのまま作曲しているだけでは、奥まった印象の楽曲になってしまうことも伝わったのではないでしょうか。

ちなみにこの楽曲は、当時からすでに多彩な音源を揃えていたWize Soundのスーパー作編曲家である矢川にお願いして、音源だけ良いものに差し替えてもらって完成いたしました。めでたしめでたし。

 

Pro Toolsが向いている人

ここまで説明してきましたが、結局どんな人ならProtoolsが向いているの? と思いますよね。

間違いなく言えるのは、エンジニアを目指す方ならProtoolsをメインで考えて良いと思います。Protoolsはショートカットの豊富さや、音源への下処理やミキシング、マスタリングにおける操作性において右に出る者はいません。

作曲だけでなくミキシング・マスタリングなども自分で挑戦してみたい方や、自宅に簡易的なスタジオを作ってしまいたい方今後プロのエンジニアと長くお付き合いしていきたい方であれば、Protoolsは大きな戦力となること間違いなしです!

ただし、作曲メインで取り組みたい方は少し注意が必要で、内臓の音源だけでは曲を作ることはできても、プロの現場で戦うことはできません。音質も意識したいのであれば、追加の音源の費用がさらにかかってしまうと思ってもらえれば良いかと思います。

 

Cubase

Steinberg – Cubase

 

エンジニアに限らず、全世界の作曲家やバンドマンなどのミュージシャン全般でシェアを比較したとき、いまではProtoolsよりも高いシェア率を誇るようになったDAWです。Mac、Windowsどちらも対応。日本ではシェア率トップとなります。

日本で人気を博した理由は単純明快で、日本のトッププロデューサーである中田ヤスタカ氏が愛用していることと、ボーカロイドとの親和性の高さによるところが大きいでしょう。

 

中田ヤスタカ氏といえば、CUPSULEとして活動をしながら多数のアーティストをプロデュースした方で、Perfumeきゃりーぱみゅぱみゅが有名ですよね。あの実力派プロデューサーが愛用しているDAWであれば間違いないだろう!  と誰もが思うはずです。

そして、いまや日本の巨大コンテンツとなったニコニコ動画で突如流行りだしたボーカロイド。プロやアマだけでなく、まったくの初心者が音楽を始めるきっかけとなった出来事です。そのボーカロイドと親和していることを公式に発表しているのがCubaseなので、ここ数年でシェア率はうなぎ登りとなりました。

 

Cubaseの価格

そんなCubaseの気になる価格ですが、通常版で¥56,160アカデミック版で¥36,850です。Protoolsよりはお求めやすい価格になっております!

Cubaseは内蔵の音源・エフェクトが優秀なものばかり!
次の項で詳しく見ていきましょう! 

 

Cubaseの目玉音源・エフェクト

HALion Sonic SE3

プレイバックサンプラー、シンセサイザーの大御所であるHALionシリーズの、体験版のようなものです。体験版と言えど、内蔵されている音源は豊富。エレクトロ、アコースティックのどちらも得意とする何でも屋さんです。そしてそのどれも音質がすごく良い! 

 唯一の欠点といえば、アコースティック音源はすごく機械臭さが出るので、人が弾いてるように聴かせるにはベロシティの調整など一定の技術が必要となります。でも、音源としては一級品なのでぜひ触れて見て欲しいソフトです!

Groove Agent SE

こちらはドラム音源。アコースティック、エレクトロどちらも豊富なドラムサンプルを揃えており、例に漏れずそのどれもが良音質。先のHalionと合わせると、作曲において大変心強い組み合わせとなり得ます。追加音源の購入は少し先になっても大丈夫だと言えるレベルです。

VariAudio3

Cubase初期内蔵シリーズで一番の目玉がこのVariAudio。これはピッチ補正ソフトで、主にボーカルに挿すエフェクトです。ボーカリストが歌った声の音程が外れている部分や、発生のタイミングがずれている部分をとても自然に修正してくれます。また、俗に言うケロケロボイスのような機械的な声を演出することも可能。これがあればMelodyneのような追加のピッチ補正ソフトは不要です。

Cubaseが向いている人

Cubaseは作曲の初心者が上級者になるまでに必要なエッセンスが十分に詰められており、あまり音源にお金をかけることができない人にはオススメと言えます。

ちなみに私が初めて手にしたDAWはCubaseでした。Protoolsに移行するまではCubaseで作曲等の練習をしていましたが、個人的にはCubaseはMIDIの打ち込みがとてもしやすいです。作曲をメインで取り組もうとされている方はぜひ、選択肢の一つとして考えてみてください!

 

Logic Pro

Apple – Logic Pro

 

Appleが誇るMac専用のDAWです。

もともとはEmagicという企業が開発、販売をしており、当時はWindows版も存在していましたが、AppleがEmagicを買収したことによりWindows版は廃止されました

 

Logic Proの価格

Logic Proが素晴らしいのはその価格です!

これまでご紹介してきたDAWは¥50,000以上のものばかりでしたが、なんとLogic Proは¥23,800で手に入れることができます。破格の安さです。

ここまで安いと機能面で少々不安になってしまいそうですが、さすがApple、他のDAWとまったく遜色ない優れた機能を搭載しています!

 

Logic Proの目玉音源・エフェクト

Logic Remote

まず、特筆すべきは他のApple製品との連携!  Logic ProはMacでしか起動はできませんが、Logic Remoteというアプリケーションで、他のiOSからLogicへ接続することができます!  Mac上でいちいち音源を探してMIDIキーボードで音を確認して…というような作業をせずとも、お手持ちのiPad、iPhoneで瞬時に音源を確認しながらLogicに打ち込むことが可能です。

Mac PCのすぐそばで行ってもいいし、リラックスできる別の部屋から行ってもいいので、場所を選ばずに音源と触れ合うことができます

 

また、Logic Remoteにはミキシング機能も備わっているので、PCから離れた位置でLogicの楽曲データを容易にミキシングできます。この連携プレイは「さすがApple」と言わざるを得ません。

Drummer

ドラムをMIDIで打ち込むのではなく、AIが音源に合わせて自動でドラムを叩いてくれる機能です。ついにドラム音源もここまで来ました。

各ジャンルごとに違ったドラムプレイヤーが登録されており、彼らが曲に合わせてドラムを叩いてくれる、といったものです。DAWに様々なジャンルのドラマーを呼び寄せることができる、といった感じでしょうか。

作曲を始めてから必ずぶつかる壁が、ドラムフレーズの考案の難しさです。頭の中で考えて実際に打ち込んでみても、最初のうちはどうしたって素人っぽさ全開でしょぼいフレーズになりがちなのですが、DAWのなかでドラマーを雇うことができるのならば話は別。このような悩みとはおさらばすることができます。

Appleらしい、面白いドラムソフトです。

Alchemy

音源が3,000種類以上も内蔵されており、パワフルかつ良音質な非常に良くできたシンセサイザーです。GarageBandにもSE版が搭載されていますので、僕もiPhoneで大変お世話になっております。

Alchemyは内蔵されている音のそれぞれに複数のモードやエフェクトを選択することができるため、アレンジがしやすく使い勝手の良い音源です。内蔵されているものはエレクトロ音源がほとんどなのでアコースティックな音が弱いのがたまにキズですが、あなたの感性を刺激するサウンドの数々が、あなたに良いインスピレーションを与えることは間違いなしです!

Flex Pitch

Logic ProにもCubaseと同じく、ボーカルピッチ補正ソフトがすでに搭載されています。音程の修正、タイミングの修正、ビブラートの修正や機械音声のようなアレンジなどなんでもござれです。ボーカルの心配もしっかり解決してくれます。

Logic Proが向いている人

値段が安いからと言って侮るなかれ、Logic Proも大変優秀なDAWソフトです。自宅にApple製品が溢れている方や、最先端のAIの力を借りながら楽曲制作をスムーズに行いたい方にはとてもオススメのDAWと言えるでしょう!

 

 

 

さて、本日は昔から人気を確立しているDAWソフト3種類を紹介いたしました。このままDAWの解説をし続けると日が暮れてしまいそうなので、この特集は2回に分けることといたします

次回の僕の記事はおそらく5週間後となる予定ですが、それまで楽しみに待っていてください!

 

次週からは別のライターが、皆さまの音楽的好奇心を刺激してくれるような素晴らしい記事を用意しています!

皆さまが心置きなく作曲を始めることができるよう、心より応援しております!

 

Writer / Roove(Wize Sound)