こんばんは!
アクトワン音楽部の大野です!普段は歌を歌っております。

歌を上手くなりたい!そう思っている方、たくさんいますよね。

そうは言っても歌には色んな面があるのでなかなか難しいものです。

高い音が出るようにとか、表現力豊かにとか、単純にかっこよくとか可愛くとか本当に様々な要素がありますね。

色んな人と話してみても、特に多いのが
「高い音がしっかり出せるようになりたい」というところですね。

なんとなく、高い声を出せるようになるのは難しいことのように思いますが、
実は、高い音は 低い音より比較的広げやすい部分なんです。

高音を出すための3つのコツ

私も数年前までは力づくで高音を捻り出していたんですが、
それじゃ聴いてるほうまで苦しくなるような声なんですよね。

なんか肩に力が入るような感じ。

音楽ですから、楽に、楽しく、聴きたいなーなんてリスナーさんは思うんじゃないですかね?

リラックスするためにとか、学校や仕事の帰りに聴く人が多いと思うんですけど、その時に肩に力入れて音楽を聴きたいでしょうか?

そんな苦しい歌にならないように、
歌う人も必要以上に力を入れずに歌うことが大切だと思うのです。

そのために準備することが3つあります。

  1. 表情筋を柔らかくし、頬骨を上げる
  2. 顎を軽く引く
  3. 声をおでこの真ん中から斜め前に声を出す、 音が高くなるにつれ、おでこの位置も高くなるようなイメージをする

たったこれだけのことを意識するだけで、いくらか高音が出るようになります。

私自身、自分以外の人のレコーディングに何度か関わったことがあるのですが、高音がつらそうな人には先ほどのことを言ったりします。

もちろん私も普段からやっています!

本日の配信は歌の高音について、書いてみました!

高音にお困りの方は是非実践して頂けたらと思います!

次回は作曲(DTM)をWize Soundでしているメンバーが担当します!
お楽しみに!

 

Writer / 大野華奈(Wize Sound)